バリアフリーリフォーム

毎日の暮らしを不自由なく快適に過ごすための
バリアフリーリフォーム

家族の誰もが快適に過ごしていける空間こそが、真のバリアフリー住宅です。リビングと廊下の段差や、浴室との寒暖差、ドアの開け閉めなど、以前は何も感じなかった事が、時代と共に感じ方が変化し、毎日の暮らしが負担となってしまいます。そうならないために、いつまでも快適で安全に暮らしていただけるバリアフリーリフォームを推奨いたしております。
※各種補助金を賢く使ったリフォームのご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

バリアフリーリフォームの主な工事内容について

使い易いトイレ

トイレの中に入った後、安全に便座に腰掛けるまでの動作ができるように配慮したり、廊下とトイレの段差を解消したり、トイレのバリアフリー化はとても重要です。また、介助者と一緒に入ることも想定した広いスペースを取ることも大切になってきます。

安全なバスルーム

滑りやすく、事故も起きやすいバスルームは、高齢者にとって「安全で使いやすいバスルーム」にしておくことが重要です。濡れても滑りにくい床や、出入りのしやすい浴槽、脱衣所との段差の解消など、使う人の事を考えたバスルームをご提案いたします。

廊下への手すりの取り付け

玄関から廊下へ上がる時、廊下から部屋に入る時、ちょっとした段差の昇降で壁などに捕まっていませんか?バランスを崩しやすい箇所には前もって手すりの設置をお勧めします。手すりの設置にあたっては、使う人の高さや握りやすさに合わせて工事を行います。

室内段差の解消

ほんのわずかな段差があってもつまずく原因になり、足腰の弱い方にとっては負担になります。出来るだけ段差のないようリフォームをします。段差の解消については、解消箇所に合わせた適切な方法をご提案いたします。

ドアの取り換え

多くのマンションでは「開き戸」が一般的な扉として設置されています。車いすでの移動の場合、「開き戸」より「引き戸」の方が簡単に開閉することができるのでバリアフリー対策としてオススメです。

オーワンプラスへのリフォーム&リノベーションのお問い合わせはコチラ

お電話でのお問い合わせはコチラ

  • 075-325-4558

〈営業時間〉平日/9:00~18:00

トップへ戻る